サーバー動作環境

ChatLuckをサーバーに導入してご利用いただくための動作環境です。

前提条件


●ChatLuckの動作には、WindowsやLinuxなど、CGIに対応したWebサーバーを利用できるOSが必要です。
●メール通知機能を利用する場合は、別途メールサーバー(SMTPサーバー)が必要です。


サポートOS


  サポートOS 対応バージョン
Windows Windows Server 2019 (Standard) ChatLuck V3.6 R1.1 ~
Windows Server 2016 (Standard) ChatLuck V3.0 R1.0 ~
Windows Server 2012 R2 (Standard) ChatLuck V1.0 R1.0 ~ V3.7 R1.0
Linux (x86_64) CentOS 8.0 ChatLuck V4.0 R1.0 ~
CentOS 7.4 ChatLuck V3.0 R1.0 ~
CentOS 6.6 ChatLuck V1.0 R1.0 ~ V3.7 R1.0
RedHat Enterprise Linux 8 ChatLuck V4.0 R1.0 ~
RedHat Enterprise Linux 7 ChatLuck V3.0 R1.0 ~
RedHat Enterprise Linux 6 ChatLuck V1.0 R1.0 ~ V3.7 R1.0


サポートデータベース


サポートデータベース 対応バージョン
●PostgreSQL 11 ChatLuck V4.0 R1.0 ~
●PostgreSQL 9.6 ChatLuck V3.0 R1.0 ~ V3.7 R1.0
●PostgreSQL 9.3 ChatLuck V1.0 R1.0 ~ V2.0R1.1


Linuxインストール時の制限事項について


ChatLuckをLinux環境で利用する場合、ネットワークインターフェース「eth0」が必要です。
「eth0」が構成されていない環境ではご利用いただけませんのでご注意ください。
※本制限事項は、V2.0R1.1以下が対象です。

仮想環境への導入について


VMwareやHyper-Vなどの仮想環境でもご利用頂けます。
インストールの際は、「仮想環境に導入する際の注意点」もあわせてご確認ください。


対応Webサーバー(ChatLuck V1.0R1.0以降)


  Webサーバー
Windows ● IIS (インターネットインフォメーションサービス)
● Apache HTTP Server 2
Linux ● Apache HTTP Server 2