新機能:チャットボットAPI ―― ボットで定型業務を自動化

チャットボットを作成し、外部のボットプログラムからWeb APIを介してチャットボットの制御を行えるようになりました。
作成したチャットボットをコンタクトやルームに追加することで、ユーザー対応の自動化や、各種システムに対する定型処理の自動化・効率化を実現できます。

img01

管理者画面からチャットボットを作成

管理者設定に新設された「チャットボット管理」から、チャットボットを作成・管理できます。
チャットボットそれぞれに、顔写真やカバー写真、URLなどを設定できるほか、ルーム・コンタクトへの追加可否も設定できます。

img02

チャットボット制御用のAPIを利用してボットを制御

チャットボットを制御するためのプログラム(ボットプログラム)から、ChatLuck環境に公開されているチャットボットAPI(Web API)を呼び出すことで、外部からチャットボットを制御できます。APIでは、チャットボットが参加しているルーム・コンタクトの取得、送信されたメッセージ内容の取得、メッセージの投稿などが行えます。

img03

コンタクトやルームでチャットボットを利用

作成したチャットボットは、コンタクトやルームに追加できます。ユーザーの発言をボットプログラムが取得し、それに対応した処理と応答を行うことで、あたかもユーザーと会話をしているような振る舞いをさせることができます。

img04

チャットボットAPIの利用方法など詳細につきましては、「チャットボットAPI」をご確認ください。

新機能:システム通知API ―― メール通知をチャットに置き換え

システム通知APIを介して、Webの問い合わせフォームや監視システムなど、外部システムからユーザー・ルームに対して簡単にチャット通知を行うことができるようになりました。既存のメール通知を置き換えることで、メール量の削減と情報共有の即時化・効率化を実現できます。

img05

通知を行うシステムごとのAPIアクセスキーを発行

管理者設定に新設された「システム通知連携設定」から、チャット通知を行うシステムごとのAPIアクセスキーを発行・管理できます。
APIアクセスキーそれぞれに名称やアイコンを設定することで、通知メッセージの識別に役立ちます。

img06

個人(マイルーム)への通知のほか、ルーム・コンタクトにも通知可能

Web問合せフォームや監視システムなど、システム上の各種処理からChatLuck環境に公開されているシステム通知API(Web API)を呼び出すことで、個人(マイルーム)のほか任意のルーム・コンタクト宛に通知メッセージを送ることができます。

img07

システム通知APIの利用方法など詳細につきましては、「システム通知API」をご確認ください。

使い勝手の向上:ファイルの複写・変更削除表示など

マイルーム・ルーム・コンタクト間のファイル複写

ルーム・コンタクトなどに送信されているファイルを、任意のルーム・コンタクト・マイルームに複写(コピー)できるようになりました。
資料や写真を別ルームなどに共有する際、一旦ファイルをクライアントにダウンロードする必要がなくなります。

img08

タイムライン表示中のメッセージ変更・削除をリアルタイム表示

ルームやコンタクト表示中にメッセージが変更・削除された際、タイムライン上でリアルタイムに表示するようになりました。
メッセージが変更されたらアニメーションでお知らせ。よりスムーズに会話を続けることができます。

img09

ビデオ通話画面・コンタクトダイアログのリサイズ

ビデオ通話画面およびルームからコンタクトを開いた際のコンタクトダイアログをリサイズできるようになりました。

img10

メンバー一覧を非表示にしたルームでの追加ユーザー名を抑制

ルームメンバーの一覧を非表示に設定したルームにおいて、新たにユーザーを追加した際の通知メッセージに氏名を表示しないようにしました。

img11

管理機能の強化・改善

画像ファイル送信時にオリジナルのファイルも保存

JPEG形式の画像ファイルが送信された際、サーバー上で最適化した画像ファイルとは別に、Exif情報を残したオリジナルのファイルも保存できるようになりました。システム管理者設定の「データ保存設定」>「添付ファイル設定」にある「オリジナルの保存」から設定できます。

img12

管理者画面上でメッセージやファイルを確認・検索

システム管理者設定の「容量・メッセージ管理」で、マイルーム・ルーム・コンタクト上のメッセージの内容を一覧表示できるようになりました。メッセージ検索で、特定のキーワードを含むメッセージやファイルの検索も行えます。

img13

削除ログの保存期間設定

削除メッセージ・削除ファイルログの保存期間を設定できるようになりました。送信日から保存期間を超えたログが自動的に削除されます。保存期間は、システム管理者設定の「データ保存設定」>「ログ保存設定」にある「ログの保存期間」から設定できます。

システムエラー通知の送信間隔設定とシステムエラー履歴の表示

システムエラー発生時に、システム管理者のマイルーム宛に送られる通知の送信間隔を変更できるようになりました。
また、発生したシステムエラーの履歴を、管理者画面上からも確認できるようになりました。
システムエラー通知の送信間隔は、システム管理者設定の「システム通知設定」にある「システムエラー通知間隔」から、システムエラーの履歴は同じく「システム通知設定」>「システムエラーログ管理」からそれぞれ設定・確認できます。

祝日に開始年と終了年を追加

システム管理者設定の「祝日管理」において、それぞれの祝日が有効になる「開始年」と「終了年」を設定できるようになりました。

ユーザータイプ切り替え時のルーム表示反映

作成済みユーザーのユーザータイプ(「組織内ユーザー」または「ゲストユーザー」)を変更した際、そのユーザーが所属するルームのゲストユーザー有無(メッセージ入力エリアの背景色など)を更新するようになりました。

不具合修正内容・パッケージ版アップデート

不具合修正内容およびパッケージ版のアップデートモジュールは以下からご確認いただけます。
アップデートモジュールダウンロード

バージョンアップ履歴に戻る