クライアント動作環境

本体版(Webブラウザー)

本体版(Webブラウザー)
Windows
Internet Explorer 11
Microsoft Edge
Google Chrome
Mozilla Firefox
macOS
Safari
タブレット
iOS 9(Safari)
iOS 10(Safari)
iOS 11(Safari)
Android OS 6.0.1(Google Chrome)
Android OS 7.0(Google Chrome)

詳細を見る

スマートフォン/タブレットアプリ

スマートフォン/タブレットアプリ
iPhone
iOS 9.0以降
iPad
iOS 9.0以降
Android
Android OS 4.2
Android OS 4.4
Android OS 5.01 以上

詳細を見る

サーバー動作環境(パッケージ版)

サポートOS

サポートOS
Windowsサーバー
Windows Server 2012 R2 (Standard)
Windows Server 2016 (Standard)


Linuxサーバー
RedHat Enterprise Linux 6
RedHat Enterprise Linux 7
CentOS 6.6
CentOS 7.4

詳細を見る

サーバー・ネットワーク用要件

<基本要件>
  • すべてのクライアントからChatLuckサーバーに対して、WebSocket通信(3000/tcp)が制限なく行えること
  • ChatLuckサーバーからAPNSへのプッシュ通知(2195/tcp)およびGCMへのプッシュ通知(443/tcp)が制限なく行えること
<音声・ビデオ通話の要件>
  • WebサーバーのSSLが有効であること
  • 音声・ビデオ通話を行うすべてのクライアントから、インターネット上に設置されたICEサーバー(ice.chatluck.com)に対して、WebRTC通信(3478/udp)が制限なく行えること
  • 音声・ビデオ通話を行うすべてのクライアント間で、WebRTC通信(49152-65535/udp)が制限なく行えること
ネットワーク構成図
ネットワーク構成図
ネットワーク構成図
<利用ポート>
  • WebSocket:3000/tcp
  • WebRTC (STUN/TURN):3478/udp
  • WebRTC (音声・ビデオ通話):49152-65535/udp

上記以外に、iOS端末に対するプッシュ通知でChatLuckサーバーからApple Push Notification Service(APNS)への通信(2195/tcp)が、Android端末に対するプッシュ通知でChatLuckサーバーからGoogle Cloud Messaging(GCM)への通信(443/tcp)が発生します。

システム構成例

基本構成
ネットワーク構成図
1台のWebサーバーにChatLuckをインストールして利用する基本構成です。
Web-DB分離構成
Web-DB分離構成
ChatLuckを動作させるWebサーバーと、ユーザー情報やメッセージ・ファイルを保管するDBサーバーを分離することで、セキュリティを高めた構成です。
負荷分散構成
負荷分散構成
WebサーバーとDBサーバーを分離し、ロードバランサーを用いてサーバー負荷を分散する構成です。数千~数万名規模の利用でも、高い性能と可用性を実現できます。